長い目で見れば注文住宅が断然お得|快適さが違う

住宅模型

分譲一戸建て購入

メンズ

分譲一戸建ての特徴

大阪で一戸建てを探すと分譲住宅や建売住宅という言葉が出来てきます。分譲住宅は間取りや内装、設備などを自分が指定できるのが分譲住宅で、建売は完成した住宅を購入するので間取りや内装などの変更はできません。建売住宅に注文住宅の利点を取り入れたのが分譲住宅と考えたほうがわかりやすいでしょう。分譲住宅は注文住宅の利点を取り入れながら建売住宅と同じような契約を結ぶことになります。また、分譲住宅は売主が区画整理した土地を分割し一戸建てを建築するもので、完成すれば数十から数百戸単位の家が立ち並ぶことになります。建売は売主が数戸程度の一戸建てを建築して販売するもので分譲住宅とは規模の大きさで見分けることもできます。以前の分譲住宅は完成した一戸建てを販売していましたが、近年では着工前から販売されるようになっています。大阪では豊中市や吹田市などの北摂と大阪市内で分譲住宅用の土地がハウスメーカーや不動産会社によって販売されています。分譲住宅は建築前なのでホームページやパンフレットではイメージがつきにくいときは、モデルハウスなどを見学することでイメージしやすくなります。売主によっては、あらかじめ決めたプランを多少変更する程度で建築するところもありますし、施工主の要望を可能な限り取り入れる業者もいます。大阪では郊外に住宅開発が進んでおり、アクセスや買い物、日当たりなどの周辺環境も考慮したうえで売主と良く相談することをお勧めします。